相談中

業務内容

気楽にご相談頂ける特許・意匠・商標の国際特許事務所です

知財経営の戦略は様々な企業やメーカーにより相反するところがございます。私たちいいだ特許事務所では企業の立場・性格に応じた知財経営を指導します。特許権取得だけが知的財産の活用ではありません。
各企業が持っているノウハウは、重要な知的財産ですが秘密情報なのです。

  • 産業財産権(特・実・意匠・商標)に関する内外国出願、審判、鑑定、審決取消訴訟、権利侵害訴訟

  • 知的財産に関する総合コンサルティング、教育、産学連携協力(企業規模・内容に応じた知財戦略・戦術)

  • 予防法務&各種契約(特許・ノウハウ・意匠・商標・著作権に関する契約等)

  • 不正競争防止法、税関における輸入取締りに関する相談・対応

  • 外国での製造、技術輸出に伴う外為法(安全保障貿易管理)の手続

  • ​企業の指導実績を基にした社内教育等

​いいだ特許事務所の知的財産の支援

菱形

1

知財活用支援は、お客様の産業分野や企業規模、取扱製品(商品・役務・部品・完成品)の種類、お客様の様々な組織(企業・大学・個人事業など)に対応したオリジナリティーに基づくことが必要となってきます。それを私達と一緒に考えていきましょう。

菱形

2

多くの企業がある中で、個々の企業の知財戦略は同じではございません。それは部品メーカーと製品メーカーでも違ってきます。

菱形

3

​知的財産の活用がお客様企業の利益率にどういった影響を与えるのかを最初に考えます。

菱形

4

「権利化ありき」の知財支援というのは支援ということはできません。使い方といったノウハウを含めた総合的な支援をいいだ特許事務所ではご提供致します。

お客様企業の売りを「見える化」するお手伝いを致します

疑問符

企業の売りの
「見える化」とは?

企業の売りを「見える化」するには、お客様の技術を「見える化」する必要があります。技術力を見える化することができれば、商品力・サービス力の「見える化」につながり、知財経営がしやすくなります。